トロフィー・優勝カップ・表彰楯・メダル・贈答品をお求めの方はやまわきにお任せ下さい

トロフィーとは

トロフィーについて

広義には、スポーツ競技や各種のコンテストなどで入賞をたたえて授与される記念の飾りものをいうが、狭義には、カップや旗、楯などと区別して、主としてスポーツの種別やコンテストの内容を表す彫像を一部に取り付けた柱状で金属製の記念品を指す。彫像に直接台座を付けたものとか、カップに彫像をのせたもの、あるいは彫像がなくスポーツの種別などを表示する何らかの用具だけでデザインされているものなど種類は多い。たいていは、金・銀のメッキやアルミ箔の蒸着で金色か銀色に豪華に装われ、台座には、入賞を記録した文字が刻印されるプレートがついている。(世界大百科事典より引用)

トロフィーの歴史

トロフィーの起源は、古代ギリシアやローマ時代の戦勝記念標であった。古代ギリシアでは、敵を敗走させた戦場の木や杭に、捕獲した武器や旗を人の姿のように飾って神に献ずる習慣があり、海戦では、敵の軍隊をまるごとか軍船の衝角(敵船に穴をあけたり、乗り移るためのへさき)を勝利の記念標とした。これを破壊することは、冒涜にほかならず、自然に朽ちさせるものであった。ローマ人は、ギリシア人のこの習慣を引き継いだが、ローマ市に記念標が建てられるようになり、帝政時代には円柱や凱旋門がこれに代わった。今日、トロフィーにみられる柱状の形式はそのころのなごりと思われる。
また、トロフィーにはオリーブや月桂樹の枝葉がデザインされていることが多いが、これも古代ギリシアの故事に基づいている。第七回の古代オリンピック大会の優勝者に、神域に茂った野生のオリーブの小枝の冠が与えられたと伝えられている。そして、近代オリンピックの第一回大会の閉会式で、国王が各競技の優勝者にオリーブの枝と銀の賞牌を与え、以後優勝カップやメダルなどにもオリーブの枝はがデザインされるようになった。月桂樹も、古代ギリシアでアポロンの競技の優勝者に、月桂樹の枝葉を輪にした冠が与えられたことに由来する。(参考資料 世界大百科事典より引用)

日本でのトロフィーの歴史

日本では、明治初期に外国人とのスポーツの交歓会などを通じてカップなどが入ってきたようだが、国産品としては1900年の秋田県下の中等学校野球大会に、武田千代三郎が考案した優勝盃が寄与された例が早い。トロフィーも、大正中期ごろから工芸家らによって習作的につくられていたらしい。その他第二次大戦前のものとしては、アムステルダムでの第九回オリンピック大会での織田幹雄の三段跳びの優勝を記念して、織田のユニフォーム姿の立像のトロフィー(彫像・朝倉文夫、鋳造・日名子実三)が製作されたのが有名である。
戦後、1952年から進駐軍向けにトロフィーの製造を業として開始したが、やがてボーリングやゴルフのブームとともに、トロフィーの需要が急増し、製造者も続出した。そして、当初は金・銀でメッキした鉄鋳物、ブロンズ製が主であったトロフィーも、ダイカスト法によるアンチモンが主体となり、ほかに陶器、ガラス、木、竹、大理石などのほか、プラスチック製のものもある。
今日では、トロフィーも類型的な形あ飽きられ、大型化したり芸術品化する傾向にある。(
参考文献 世界大百科事典より)